乾燥肌を防ぐスキンケア

肌のスキンケアや生活習慣など、乾燥肌になってしまう原因は多岐に亘ると言われています。乾燥肌を放置していると肌トラブルや老化の原因になってしまいます。乾燥肌の予防・改善は、保湿の仕組みを理解し乾燥を引き起こすスキンケアや生活習慣を改善し、ターンオーバーと肌のバリア機能を正常化することで、本来のうるおい感を取り戻すことができます。ここでは、スキンケアによる乾燥肌の予防・改善方法を見ていきましょう。

肌が本来持っている保湿力は、年齢を重ねるごとに減少していきます。20代前半までは、化粧水だけで肌の保湿力を保てますが、25歳を過ぎたあたりから肌が乾燥しやすくなるため、スキンケアによる本格的な乾燥対策を行う必要があります。30歳以降は、肌の老化速度が徐々に速まるため、エイジングケア化粧品による乾燥対策も必要になってきます。

エイジングケア化粧品は自身の肌タイプやヒアルロン酸やゼラチンといった保湿成分の特性をしっかり理解し、肌の健康状態などを考えて自身に合った化粧品を選ぶことが大切なポイントです。また、乾燥肌は化粧品だけでの改善が難しいため、保湿クリームや美容液、フェイスマスクなどを取り入れたりしましょう。