乾燥肌を防ぐ生活習慣

運動や食事、睡眠など私たちの日常生活において欠かせない行動は、乾燥肌の予防・改善に大いに繋がります。これは、体の内側で保湿成分を補強するため、体の外側で保湿成分を補強するエイジングケア化粧品よりも遥かに大切です。ここでは、日常生活に欠かせない行動からどういった改善対策が行えるかをご紹介します。

肌の乾燥を防ぐには、たんぱく質やビタミン類、鉄や亜鉛などのミネラルがよいと言われています。数多くのビタミン類には抗酸化作用があり、亜鉛は細胞分裂を手助けする力を兼ね備えています。これらを含む食べ物は、エイジングケアとしても利用できます。運動においては、ウォーキングなど適度な運動することで代謝がアップし、血行が良くなるので肌のターンオーバーやバリア機能が維持できるため、結果として乾燥肌の対策に繋がります。また、睡眠においては寝付いて3時間の間に分泌される成長ホルモンがカギとなります。睡眠時間は最低6時間はキープし、就寝時間を規則正しくすることが大切です。

乾燥肌を改善するには、ビタミンAやB、Cなどのビタミン類や鉄や亜鉛などのミネラルを含む食べ物を摂取し、適度な運動で血行促進や代謝アップを行い、質の良い睡眠で成長ホルモンを分泌させることが大切です。日々の生活習慣を見直して継続することが乾燥肌を改善する近道と言えるでしょう。